展示:ベンツ パテント モトールヴァーゲン "レプリカ" / Benz Patent Motorwagen "Replica"

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
ベンツ パテント モトールヴァーゲン "レプリカ" (1886年・ドイツ)
Benz Patent Motorwagen "Replica" (1886, Germany)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

2547mm

全幅 / Width

1454mm

全高 / Height

1623mm

車両質量 / Vehicle Mass

313kg

ホイールベース / Wheelbase

1450mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷単気筒

Water-cooled, horizontal, single-cylinder

総排気量 / Total Displacement

984cm3

最高出力 / Maximum Output

0.9/0.7/400(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

ガソリン自動車の第1号は、各国でさまざまな説があるが、ベンツが1886年につくった3輪車といわれている。小型で軽量なエンジンを開発していたカール・ベンツは、これを馬車に代わる新しい乗り物に用いることを考えたが、操舵性に問題があったため、はじめ3輪車を設計、ティラー(棒ハンドル)で前輪を操向する方法でこれを解決した。リアアクスルの上におかれたエンジンは水平単気筒、時速15kmの走行が可能で、デフを備えていた。

While international opinions differ as to what the first gasoline-powered automobile was, the majority view is that it was the 1886 3-wheeler built by Karl Benz. He had been developing a small lightweight engine, and initially considered building a 4-wheeled vehicle to replace the horse-drawn carriage as a means of transportation. Faced with a steering problem, however, he chose a 3-wheeler design instead, solving the problem by adopting a tiller to control the front wheel. With a horizontal single cylinder engine placed over the rear axle and a differential gear, the vehicle was capable of running at a speed of 15 km/h.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles