展示:メルセデスベンツ 300SL クーペ / Mercedes-Benz 300SL Coupe

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
メルセデスベンツ 300SL クーペ(1955年・ドイツ)
Mercedes-Benz 300SL Coupe (1955, Germany)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4520mm

全幅 / Width

1790mm

全高 / Height

1300mm

車両質量 / Vehicle Mass

1236kg

ホイールベース / Wheelbase

2400mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列6気筒OHC

Water-cooled,in-line6,OHC

総排気量 / Total Displacement

2996cm3

最高出力 / Maximum Output

215/160/5800(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

1954年ニューヨークショーでデビュー。
世界初のガソリン直噴エンジン搭載車として知られている。
特有のガルウィングドアはレーシングカーをベースとした鋼管スペースフレーム構造だったことから、通常の車のドア下半分にフレームが来てしまい開口部の敷居が高くなってしまったこと、そして車高が低かったことから乗降性確保のためにやむなく採用されたと言われている。
車名300SLの300はベンツの排気量表記で3リッターを意味し、SLは「Sport Leicht」(英語のSport Light)の略で軽量スポーツの意味。
このクーペモデルは1955年3月から1957年までに1400台が生産された。

The Mercedes-Benz 300SL made its debut at the New York Auto Show in 1954, featuring the world's first direct injection gasoline engine. It is believed that the characteristic gullwing doors of this vehicle were adopted out of necessity, since the tubular steel frame that derived from a racing car stretched on the sides, and would have blocked the lower half of regular car doors. Furthermore, the low roof would have obstructed the entry/exit of passengers if it had not been made to lift open as part of the gullwing doors. The 300SL name combines the number signifying 3-liter engine displacement and the abbreviation of Sport Leicht (German for Sport Light). A total of 1,400 units of the Coupe were produced from March 1955 through 1957.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles