展示:メルセデスベンツ 500K / Mercedes - Benz 500K

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
メルセデスベンツ 500K(1935・ドイツ)
Mercedes - Benz 500K (1935, Germany)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4934mm

全幅 / Width

1828mm

全高 / Height

1675mm

車両質量 / Vehicle Mass

2254kg

ホイールベース / Wheelbase

3290mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列8気筒OHVスーパーチャージャー

Water-cooled, in-line8, OHV, super-charger

総排気量 / Total Displacement

5018cm3

最高出力 / Maximum Output

160/119/3400(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

1927年に登場し、数々のレースに活躍したSシリーズの後継モデルで、スーパーチャージャー付直列8気筒OHVエンジンと、全輪独立懸架をもつ高度に洗練されたツアラー。
デザインの面でも性能の面でも「バランスの良い優れた車」と言える。1934年から1936年までの間に約300台造られた。この時代の高級車はボディを名のあるコーチビルダーの手に委ねるのが普通であったが、ベンツは自社のジンデルフィンゲンエ場でコーチワークを行った。

Introduced as the successor to the S Series -- a model that debuted in 1927 and won fame in races -- the Mercedes-Benz 500K was a highly sophisticated touring car with a supercharged in-line, 8-cylinder OHV engine and a fully independent suspension system. Boasting an outstanding balance of design and performance, some 300 units of this model were manufactured between 1934 and 1936. While it was common practice to have a renowned coachbuilder design the body of a luxury car at the time, Mercedes-Benz produced its own coachwork at the Sindelfingen Plant.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles