展示:スバル 360 K111型 / Subaru 360 Model K111

クルマ館3階
Automobile Gallery 3rd fl.
スバル 360 K111型(1958年・日本)
Subaru 360 Model K111 (1958, Japan)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

2990mm

全幅 / Width

1300mm

全高 / Height

1380mm

車両質量 / Vehicle Mass

385kg

ホイールベース / Wheelbase

1800mm

エンジン形式 / Engine Type

空冷直列2気筒2サイクル

Air-cooled, in-line2, 2-cycle

総排気量 / Total Displacement

356cm3

最高出力 / Maximum Output

16/12/4500(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

もともと航空機メーカーであった中島飛行機の技術が生かされたスバル360は、わが国初期の軽自動車としてもっとも成功した一台であろう。モノコック構造のボディと、トーションバーによるサスペンションは軽自動車とは思えない広い室内スペースを持ち、快適な乗り心地を実現していたのである。発売当初の価格は42.5万円。これをのぞけば国民車構想の条件を満たすものとして、絶大な人気を博したのである。

Fuji Heavy Industries Ltd., originally an airplane manufacturer (Nakajima Aircraft Company), built the Subaru 360, the first successful minivehicle in Japan. It had a monocoque body with a torsion bar spring for suspension and a surprisingly spacious cabin for its size, achieving a very comfortable ride. Except for the stiff initial price of ¥425,000, it completely satisfied the vision of a "people's car" and proved to be extremely popular.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles