展示:ダットサン フェアレディ SP310型 / Datsun Fairlady Model SP310

クルマ館3階
Automobile Gallery 3rd fl.
ダットサン フェアレディ SP310型(1963年・日本)
Datsun Fairlady Model SP310 (1963, Japan)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

3910mm

全幅 / Width

1495mm

全高 / Height

1275mm

車両質量 / Vehicle Mass

905kg

ホイールベース / Wheelbase

2280mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒OHV

Water-cooled, in-line4, OHV

総排気量 / Total Displacement

1488cm3

最高出力 / Maximum Output

80/59/5600(PS/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

この車は、1962年わが国で初めて本格的なスポーツカーとして開発された。
スマートなボディに直列4気筒OHVエンジンを搭載しブルーバード312型と同じシャシーを使用、リアには横向きの変則的なシートを持つオープン3シーターである。1963年に開催された第1回日本グランプリに出場、ポルシェ、トライアンフTR4など外国製スポーツカーを相手に見事クラス優勝した。その後、フェアレディは1600(SP311型)、2000(SR311型)へと発展、モータースポーツで大いに活躍した。

Developed in 1962, this was Japan’s first genuine sports car. The Fairlady’s stylish body was fitted with an in-line 4-cylinder OHV engine and used the same chassis as the Bluebird Model 312. It was an open 3-seater with an unusual rear seat facing sideways. The car was entered in the first Japan Grand Prix of 1963, and became the class winner against such foreign-made sports cars as the Porsche and the Triumph TR4. The succeeding Fairlady models, including the 1600 (SP311) and the 2000 (SR311), greatly invigorated the motor sports scene.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles