展示:筑波号 東京自動車製造株式会社製 / Tsukuba

本館2階
Main Bldg. 2nd fl.
筑波号 東京自動車製造株式会社製(1935年・日本)
Tsukuba (1935, Japan)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

2800mm

全幅 / Width

1200mm

全高 / Height

1520mm

車両質量 / Vehicle Mass

667kg

ホイールベース / Wheelbase

1900mm

総排気量 / Total Displacement

737cm3

車両解説 / Vehicle Description

国産初の前輪駆動車は、オートレースで活躍した川真田和汪氏が1931年に製作した「ローランド号」といわれている。その改良発展型である「筑波号」は、1935年から3年間、東京自動車製造(株)により、3車種(セダン、幌型、トラック)がおよそ130台生産された。なお、車名は関東の筑波山に由来している。

The first front-wheel-drive car in Japan is believed to be the Roland, manufactured in 1931 by renowned motorcycle rider Kazuo Kawamada. An improved model, the Tsukuba, was built by Tokyo Jidosha Seizo and was in production for three years starting in 1935. It came in three body types (sedan, hooded wagon, and truck) and about 130 units were manufactured. The car was named after Mt. Tsukuba in the Kanto area.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles