展示:トヨタ 2000GT MF10型 / Toyota 2000GT Model MF10

本館3階
Main Bldg. 3rd fl.
トヨタ 2000GT MF10型(1968年・日本)
Toyota 2000GT Model MF10 (1968, Japan)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4175mm

全幅 / Width

1600mm

全高 / Height

1160mm

車両質量 / Vehicle Mass

1120kg

ホイールベース / Wheelbase

2330mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列6気筒DOHC

Water-cooled, in-line6, DOHC

総排気量 / Total Displacement

1988cm3

最高出力 / Maximum Output

150/110/6600(PS/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

オイルショックや排出ガス規制などに縛られなかった’60年代には、世界的な傾向のなかで魅力的なスポーツカーが多く誕生する。わが国においてもかつてない高性能なグランツーリスモ、トヨタ2000GT(1965年)を登場させることになった。ロングノーズの均整がとれたスタイリングやバックボーンフレーム構造、6気筒ツインカムなどデザイナーやエンジニアが思う存分に腕をふるった結果は、谷田部のテストで3つの世界記録と13の国際新記録を樹立。世界水準の高性能車をつくり上げたのである。

In the 1960s, when oil crises and exhaust emission controls were as yet unheard of, there was a global trend to favor unbridled power and speed which produced many attractive sports cars. Among them was the Toyota 2000 GT, a remarkably high-performance Gran Turismo launched in 1965. Its long-nosed yet well proportioned styling, backbone frame structure, and 6-cylinder, twin-camshaft engine were the result of the efforts of designers and engineers who had been given free rein. This car set three world speed records and 13 international records at the Yatabe Test Track, becoming a truly world-class high-performance car.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles