展示:トヨタ カローラ KE10型 / Toyota Corolla Model KE10

クルマ館3階
Automobile Gallery 3rd fl.
トヨタ カローラ KE10型(1966年・日本)
Toyota Corolla Model KE10 (1966, Japan)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

3845mm

全幅 / Width

1485mm

全高 / Height

1380mm

車両質量 / Vehicle Mass

710kg

ホイールベース / Wheelbase

2285mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒OHV

Water-cooled, in-line4, OHV

総排気量 / Total Displacement

1077cm3

最高出力 / Maximum Output

60/44/6000(PS/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

1966年10月に誕生した力ローラはトヨタの最も成功したモデルというだけでなく、わが国へ本当の意味でのモータリゼーションをもたらした大衆車といっても過言ではない。性能、経済性、快適性など、あらゆる面で市場のニーズにこたえた。エンジンは新開発のK型エンジンで水冷4気筒の1077ccは、“プラス100ccの余裕”として大きな反響を呼んだ。

The release of the Corolla in October 1966 was noteworthy, not only because it became the most successful Toyota model, but because it was the car that truly introduced motorization to Japan. It responded to consumers' various needs such as performance, economy, and driving comfort. The engine was a newly developed water-cooled, 4-cylinder engine (Type K) with a displacement of 1,077 cc. “The extra 100 cc gives you the edge” went the ad copy, reflecting the Corolla's above-average performance.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles