展示:トヨタ ソアラ 2800GT-EXTRA / Toyota Soarer 2800GT-EXTRA

クルマ館3階
Automobile Gallery 3rd fl.
トヨタ ソアラ 2800GT-EXTRA(1981年・日本)
Toyota Soarer 2800GT-EXTRA (1981, Japan)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4655mm

全幅 / Width

1695mm

全高 / Height

1360mm

車両質量 / Vehicle Mass

1305kg

ホイールベース / Wheelbase

2660mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列6気筒DOHC

Water-cooled,in-line6,DOHC

総排気量 / Total Displacement

2759cm3

最高出力 / Maximum Output

170/125/5600(PS/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

トヨタ初の高級スペシャルティ・カーとして、1981年に発売。
医師・弁護士・実業家など知的な職業に携わる裕福な青年層に向けて開発された高級・高性能なパーソナルカー。ソアラとは最上級グライダーの意味。
エンジンはトヨタ2000GT以来の6気筒DOHC(5M-GEU)で、2,759cc、170ps/24kgmと当時の国産最高性能を誇った。デジタル表示のスピードメーターにLEDのタコメーターを組み合わせるなど、インテリアにも先進技術を積極的に取り入れ、自動車技術のエレクトロニクス化到来を告げるモデルとなった。

Released in 1981 as Toyota's first luxury specialty car, the Soarer was designed for personal use by wealthy and youthful intellectuals, including doctors, lawyers, and businesspeople. The name Soarer derives from a class of high-performance gliders. The engine (5M-GEU), the first 6-cylinder DOHC Toyota had used since the Toyota 2000GT, had a displacement of 2,759 cc and could produce 170 ps/24 kgm, a record for a Japanese-made engine at the time. The Soarer also represented the advent of the age of car electronics, incorporating advanced technologies on the dashboard, including a digital speedometer and an LED tachometer.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles