展示:トヨペット SA型乗用車 / Toyopet Model SA

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
トヨペット SA型乗用車(1951年・日本)
Toyopet Model SA(1951, Japan)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

3800mm

全幅 / Width

1590mm

全高 / Height

1530mm

車両質量 / Vehicle Mass

1170kg

ホイールベース / Wheelbase

2400mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒SV

Water-cooled, in-line4, SV

総排気量 / Total Displacement

995cm3

最高出力 / Maximum Output

27/20/4000(PS/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

小型車分野への進出構想からトヨタ自動車も1947年、1リッタークラスの小型乗用車SA型を送り出した。流体力学を応用したスタイルもさることながらバックボーンフレーム構造や4輪独立懸架など斬新なメカニズムを多く採り入れ、2ドアを標準としたオーナードライバー向けである。また、発売するに当たり一般公募で決定した「トヨペット」の愛称は、1949年に商標登録されて以来、多くの人々に親しまれて現在に至る。

Carrying out a plan to enter the small car segment, Toyota released a 1-liter-class sedan in 1947. The Model SA boasted innovative features including aerodynamic body styling, a backbone frame, and an all independent suspension system. A standard model came with a 2-door body, as the sedan targeted individual motorists rather than corporate users. The now familiar "Toyopet" nickname was chosen by public contest at the launch of the Model SA, becoming a registered trademark of Toyota in 1949.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles