展示:トヨペット クラウン RSD型 "オーストラリアラリー仕様" / Toyopet Crown Model RSD "Australia Rally"

トヨペット クラウン RSD型 "オーストラリアラリー仕様" (1956年・日本)
Toyopet Crown Model RSD "Australia Rally" (1956, Japan)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4285mm

全幅 / Width

1680mm

全高 / Height

1525mm

車両質量 / Vehicle Mass

1240kg

ホイールベース / Wheelbase

2530mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒OHV

Water-cooled, in-line4, OHV

総排気量 / Total Displacement

1453cm3

最高出力 / Maximum Output

48/36/4000(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

国産車で最も長い歴史を持つクラウンの初代モデルとして1955年に登場したRS型は、主にハイヤーやタクシーとして使用された。そのRS型をベースに、自家用向けにボディ装飾品と内装を豪華にして同年末に登場したモデルがRSD型。
ラジオ、ヒーター、時計、ホワイトウォールタイヤなどの装備が追加され、人々の高級車に対するイメージを具現化した同車は、国産車がデラックス化へ向かう契機となった。
この車は1957年の豪州一周ラリーに初挑戦したときの外観を再現したもの。19日間で1.7万kmを走る世界一過酷といわれたラリーを47位で完走した。国産車初の海外ラリー参加でもあった。

The Toyopet Crown Model RS was the first in the longest automobile brand lineage in Japan. It was released in 1955, when most of the units produced were used as for-hire vehicles or taxis. Using the RS as the base platform, the private-use Model RSD was released at the end of the same year with significantly upgraded body accessories and interior. Equipped with a radio, a heater, a clock, and whitewall tires, the Model RSD was a dream luxury car and established a trend for lavishness in Japanese-made cars. This particular model revives the appearance of the Model RSD that made its racing debut at the 1957 Round Australia Rally. In what was claimed to be the toughest race in the world at the time, covering 17,000 km in 19 days, the RSD managed to survive and finish 47th. It was the first time any Japanese-made car had participated in an overseas rally.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles