展示:トヨペット クラウン RS型 / Toyopet Crown Model RS

クルマ館3階
Automobile Gallery 3rd fl.
トヨペット クラウン RS型(1955年・日本)
Toyopet Crown Model RS (1955, Japan)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4285mm

全幅 / Width

1680mm

全高 / Height

1525mm

車両質量 / Vehicle Mass

1210kg

ホイールベース / Wheelbase

2530mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒OHV

Water-cooled, in-line4, OHV

総排気量 / Total Displacement

1453cm3

最高出力 / Maximum Output

48/36/4000(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

海外と技術提携が盛んに行なわれるなかで、トヨタは純国産方式を押し通し、1955年トヨペットクラウンRS型を発表。当初から自家用車として設計されたRS型は、あらゆる意味において国産車のモータリゼーションの出発点であった。そしてわが国の自動車業界へも大きな自信を与えたのである。デザインは当時のわが国の実状に適応した巧みなもので、乗り心地や耐久性など、すべてがバランスされた純国産車として話題を集めた。

While many Japanese automakers eagerly pursued technology partnerships with foreign firms, Toyota persisted with the policy of building cars with entirely Japanese-made components and technologies, and finally announced the Toyopet Crown Model RS in 1955. Designed specifically for individual motorists, the RS was the first Japanese car that paved the way to Japan's motorization, and its success greatly encouraged the domestic auto industry as a whole. Carefully designed to suit the road conditions of Japan at the time, the RS was hailed as a pure Japanese car well-balanced in every aspect, including ride comfort and durability.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles