展示:日産 オースチン A50型 / Nissan Austin Model A50

クルマ館3階
Automobile Gallery 3rd fl.
日産 オースチン A50型(1959年・日本)
Nissan Austin Model A50(1959, Japan)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4120mm

全幅 / Width

1580mm

全高 / Height

1570mm

車両質量 / Vehicle Mass

1085kg

ホイールベース / Wheelbase

2520mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒OHV

Water-cooled, in-line4, OHV

総排気量 / Total Displacement

1489cm3

最高出力 / Maximum Output

50/37/4400(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

日産自動車も英国のオースチン社と技術提携し、1953年4月からA40サマーセットの国内生産をはじめ、1955年に新型のA50ケンブリッジに切り替えられた。当時の国産自動車では比較にならないほど快適な乗り心地と優れた走行性を備え、人気も高かったが、なにより提携で得た海外の先進技術を自社のものとして、その後、次々と新しいモデルを送り出したことは高く評価できる。

Nissan entered into a technical partnership with Austin of the UK to begin domestic auto production in April 1953, initially assembling the A40 Somerset but later switching to the new A50 Cambridge in 1955. The ride comfort and maneuverability of these popular models far exceeded those of Japanese cars at the time. The fact that Nissan assimilated the technology obtained through this partnership and went on to produce a succession of original new models merits special mention.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles