展示:ニッサン シルビア CSP311型 / Nissan Silvia Model CSP311

クルマ館3階
Automobile Gallery 3rd fl.
ニッサン シルビア CSP311型(1966年・日本)
Nissan Silvia Model CSP311(1966, Japan)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

3985mm

全幅 / Width

1510mm

全高 / Height

1275mm

車両質量 / Vehicle Mass

980kg

ホイールベース / Wheelbase

2280mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒OHV

Water-cooled, in-line4, OHV

総排気量 / Total Displacement

1595cm3

最高出力 / Maximum Output

90/66/6000(PS/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

ダットサンフェアレディのシャシーをベースに新開発の1600ccエンジンを載せ、定員を2人におさえた斬新なスタイルで1965年に登場した。OHVながら90馬力を出した新エンジンや、わが国初のポルシェタイプサーボシンクロ式トランスミッションなどを採用し、フォーマルにも使えるスポーティカーとして注目を集めた。

Introduced in 1965, the Nissan Silvia 2-seater based on the Datsun Fairlady chassis featured a newly developed 1,600 cc engine and novel styling. The new engine was capable of producing 90 hp despite the limitations of an OHV design. Adopting advanced mechanisms including the first Porsche-type servo synchro transmission in Japan, the Silvia was valued as a sporty automobile that could also be used for formal occasions.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles