展示:ニッサン セドリック 30型 / Nissan Cedric Model 30

クルマ館3階
Automobile Gallery 3rd fl.
ニッサン セドリック 30型(1960年・日本)
Nissan Cedric Model 30 (1960, Japan)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4410mm

全幅 / Width

1680mm

全高 / Height

1520mm

車両質量 / Vehicle Mass

1195kg

ホイールベース / Wheelbase

2530mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒OHV

Water-cooled, in-line4, OHV

総排気量 / Total Displacement

1488cm3

最高出力 / Maximum Output

71/52/5000(PS/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

1960年に発売されたこの車は、オースチンの優れた技術を完全に吸収、さらにエンジン、シャシー、ボディー等すべての面にわたって新しく設計され、G型エンジン、71馬力、最高速度130km/hの高速安定性を誇り、また縦4灯のヘッドランプがスタイリング上の大きな特徴であった。
車名はバーネットの名作「小公子」の主人公セドリックにちなみ、強く、正しく、美しい少年の代名詞として広く親しまれた。

Released in 1960, the Cedric thoroughly assimilated the advanced technologies of Austin, while adopting all-new designs for its components, including the engine, chassis, and body. Its 71 hp Type G engine enabled stable cruising at high speeds of up to 130 km/h, and its distinctive front design featured two vertically stacked headlamps on each side. The car was named after Cedric Errol, the main character in Frances Hodgson Burnett's novel Little Lord Fauntleroy. The name “Cedric” was chosen to evoke an image of strength, integrity, and youthful attractiveness.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles