展示:パブリカ UP10型 / Publica Model UP10

クルマ館3階
Automobile Gallery 3rd fl.
パブリカ UP10型(1961年・日本)
Publica Model UP10 (1961, Japan)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

3520mm

全幅 / Width

1415mm

全高 / Height

1380mm

車両質量 / Vehicle Mass

580kg

ホイールベース / Wheelbase

2130mm

エンジン形式 / Engine Type

空冷水平対向2気筒OHV

Air-cooled, horizontal, opposed2, OHV

総排気量 / Total Displacement

697cm3

最高出力 / Maximum Output

28/21/4300(PS/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

国民車構想に合わせる意味で発表したパブリ力は、最初から大衆向け実用車としての極めて合理的なフォーマットを踏襲したもので、技術的にもスタイリングにおいても注目できるものであった。ところが、高級志向が強まりはじめた二一ズとは噛み合わず、商業的には予想外であった。ちなみに車名は一般から公募されたもので、PublicとCarの合成語である。

Inspired by the people's car concept announced by the government, Toyota developed the Publica as a practical automobile for the general public. Although the Publica was very well designed in terms of technology and styling, the simple and economical car was at odds with the market trend that favored more upscale cars, and its sales were disappointing. The name Publica, a combination of "public" and "car," was chosen in an open contest.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles