展示:フライングフェザー / Flying Feather

本館3階
Main Bldg. 3rd fl.
フライングフェザー(1955年・日本)
Flying Feather (1955, Japan)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

2767mm

全幅 / Width

1296mm

全高 / Height

1300mm

車両質量 / Vehicle Mass

425kg

ホイールベース / Wheelbase

1900mm

エンジン形式 / Engine Type

空冷V型2気筒OHV

Air-cooled, V2, OHV

総排気量 / Total Displacement

350cm3

最高出力 / Maximum Output

12.5/9.3/4500(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

その名のとおりの超軽量車で「最も経済的なクルマを」という設計者、富谷龍一氏の思想を具体化して住江製作所が1954年に発表。きわめて合理的なスタイリングや必要最少限のメカニズムを持ち、機能的なトランスポーターとして、野心作ではあったが、残念ながら1955年に200台足らずつくられたのみに終わった。おそらく、徹底した合理主義が、当時の人々にはまだ理解されなかったのであろう。

Living up to its name, the Flying Feather announced by Suminoe Manufacturing Co., Ltd. in 1954 was an ultra-light vehicle. True to designer Ryuichi Tomiya's dream of "building the most economical car," the vehicle was a thoroughly utilitarian transporter made with only the most essential components. Although the manufacturer's intent was ambitious, less than 200 cars rolled off the assembly line before production was terminated in 1955. The stripped-down functionalism of this vehicle was probably too far ahead of its time.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles