展示:マツダ コスモスポーツ L10B型 / Mazda Cosmo Sport Model L10B

クルマ館3階
Automobile Gallery 3rd fl.
マツダ コスモスポーツ L10B型(1969年・日本)
Mazda Cosmo Sport Model L10B (1969, Japan)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4130mm

全幅 / Width

1590mm

全高 / Height

1165mm

車両質量 / Vehicle Mass

960kg

ホイールベース / Wheelbase

2350mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷ロータリー、ツインローター

Water-cooled, rotary, twin-rotor

総排気量 / Total Displacement

491cm3X2

最高出力 / Maximum Output

128/94/7000(PS/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

ドイツのNSU社との技術提携によってロータリーエンジンを手に入れた東洋工業(現マツダ)は実用化のため厳しいテストと改良の結果、1967年にわが国初の搭載車マツダコスモスポーツの販売を開始した。強烈なインパクトを与える未来的なスタイルはもちろん、491cc×2の小排気量ながら、レシプロエンジンの2リッタークラスをもしのぐ128PSの出力を発揮、圧倒的な高性能から注目を浴びることになる。このL10B型は1968年のマイナーチェンジで、さらに強化され200km/hの最高速度をほこった。

Having entered into a technical tie-up with NSU of Germany to acquire the rotary engine technology, and after completing many strenuous tests and improvements, Toyo Kogyo (today's Mazda) released the Mazda Cosmo Sport in 1967, Japan's first passenger car powered by a rotary engine. Its futuristic styling had a strong visual impact, and its 491 cc × 2 small-displacement rotary engine produced an output of 128 ps, surpassing even that of the 2-liter class reciprocal engine and winning praise for its exceptional performance. The Model L10B displayed here was released in 1968 incorporating some minor redesigns, and its top speed reached 200 km/h.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles