展示:イスパノスイザ 32CV H6b / Hispano-Suiza 32CV H6b

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
イスパノスイザ 32CV H6b(1928年・フランス)
Hispano-Suiza 32CV H6b (1928, France)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

5642mm

全幅 / Width

1853mm

全高 / Height

1890mm

車両質量 / Vehicle Mass

2379kg

ホイールベース / Wheelbase

3690mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列6気筒OHC

Water-cooled, in-line6, OHC

総排気量 / Total Displacement

6597cm3

最高出力 / Maximum Output

135/101/3000(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

第1次世界大戦前はアルフォンソXIIIで名をはせたイスパノスイザも戦争中はフランス空軍の主力エンジンの生産に全力をあげた。その経験から1919年、1台の新鋭モデルを生み出すことになった。世界初のサーボ付き4輪ブレーキやOHCヘッドを持つ軽合金エンジンなど進歩的な航空機技術が惜しみなく採り入れられた32CV・H6bである。もちろん、このモデルも'30年代に出現するV12気筒車のようにフランス的なしゃれたボディが架装されプレスティッジカーの王座に君臨したのである。

After winning fame as the manufacturer of the Alfonso XIII, Hispano-Suiza concentrated its efforts during WWI on producing aircraft engines for the French Air Force. This experience has prompted the automaker to develop a new and sophisticated model in 1919. The 32CV H6b came with features derived from the most advanced airplane technology of the time, including the world's first servo-assisted 4-wheel braking system and a light-alloy OHC engine. Mounted with a chic and elegant coach body, the 32CV-H6b reigned as the most prestigious vehicle of the time, a position that would be claimed again by the V12 Hispano Suiza in the 1930s.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles