展示:ドゥローニー ベルビユ タイプHB6L / Delaunay-Belleville Type HB6L

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
ドゥローニー ベルビユ タイプHB6L(1911年・フランス)
Delaunay-Belleville Type HB6L (1911, France)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4597mm

全幅 / Width

1747mm

全高 / Height

2073mm

車両質量 / Vehicle Mass

1612kg

ホイールベース / Wheelbase

3041mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列6気筒L-頭型

Water-cooled, in-line6, L-head

総排気量 / Total Displacement

4426cm3

最高出力 / Maximum Output

40/30/-(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

機関車や船舶のボイラーを造っていたメーカーとして有名であったドゥロー二ーは、1904年のパリサロンで自動車を発表。特徴的な丸型のラジエーターは人々の注目を集め、ベンツ型やルノー型とともに第1次世界大戦までひとつの流行として多くのメーカーに影響を与えることになった。また1909年から採用されたコンパクトで静かな6気筒エンジンは信頼性が高く、豪華なボディを架装してロシアのニコライⅡ世など世界の名士からも支持されたのである。

Formerly a manufacturer of boilers for ships and locomotives, Delaunay-Belleville announced its first automobile at the Paris Motor Show (Salon de l'Automobile) in 1904. The car's circular radiator grille instantly caught people's attention, greatly influencing pre-WWI radiator designs along with those of Benz and Renault. The compact and quiet 6-cylinder engine adopted in 1909 was highly reliable, and the vehicle with gorgeous coachwork won the patronage of many world-class celebrities, including Nicholas II of Russia.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles