展示:ドラージュ タイプD8-120 / Delage Type D8-120

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
ドラージュ タイプD8-120(1939年・フランス)
Delage Type D8-120 (1939, France)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

5256mm

全幅 / Width

1995mm

全高 / Height

1560mm

車両質量 / Vehicle Mass

1805kg

ホイールベース / Wheelbase

3341mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列8気筒OHV

Water-cooled, in-line8, OHV

総排気量 / Total Displacement

4750cm3

最高出力 / Maximum Output

115/86/3800(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

フランスのGPカーの頂点ともいうべきドラージュも、1930年代に入ると盛んに高級ツーリングカーや豪華サルーンをつくりはじめた。その美しさは“愛人に贈るならドラージュ”といわれるほど優雅にして華やかなものばかりであった。D8-120はいちばん後期に属する大型高性能車としてもっとも美しいモデルである。コーチワークはすべて専門業者に依頼して、容姿を競いあったのだが、どれもオートクチュールを想わせるいかにもフランスらしいものであった。この美しい力ブリオレはフィゴーニ・ファラッシの手により、ドライエに併合されてからつくられたものである。

Having won the reputation of being the finest French manufacturer of grand prix cars, Delage began to produce a number of high-class touring cars and luxury saloons in the 1930s. The exceptional gorgeousness of Delage is captured by the famous epithet, "One drives an Alfa Romeo, one is driven in a Rolls-Royce, but one gives only a Delage to one's mistress." The D8-120 was one of the last high-performance saloons produced by the manufacturer, and also among its most beautiful. Its stylish design is imbued with an air of French haute couture. This beautiful Cabriolet, with coachwork by Figoni & Falaschi, was built after Delage's merger with Delahaye.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles