展示:パナール ルヴァッソール B2 / Panhard et Levassor B2

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
パナール ルヴァッソール B2 (1901年・フランス)
Panhard et Levassor B2 (1901, France)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

3193mm

全幅 / Width

1875mm

全高 / Height

2480mm

車両質量 / Vehicle Mass

1281kg

ホイールベース / Wheelbase

1980mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒SV

Water-cooled, in-line4, SV

総排気量 / Total Displacement

3562cm3

最高出力 / Maximum Output

12/9/750(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

当時のパイオニアカーのほとんどが馬車や自転車などの影響を受けて、まだ駆動系のレイアウトや機構は“馬なし馬車”そのものであった。この点からすれば、1890年から自動車製造を開始したパナール・ルヴァッソールがダイムラーの鋼製自動車(1889年)をヒントに考案して、1891年にパテントを取得した機構(システム・パナール)が自動車技術の基礎を築いたことになる。いわゆる最先端に置かれたエンジンの後方に、クラッチ、トランスミッションを縦一列に配し、ドライブシャフトとデフ機構を介して後輪を駆動させるFR方式を採った最初の自動車なのである。このモデルは、初期のティラー式から、すでに円形ステアリングホイールと傾斜したステアリングコラムを持ち、アッカーマンの方式を採用している。

Early automobile designs were typically influenced by horse-drawn carriages and bicycles, and their drive system layouts and structures made them little more than “horseless carriages.” Panhard et Levassor, which began automobile production in 1890, was inspired by the steel automobile made by Daimler (in 1889) and received a patent for the Systeme Panhard, which formed the foundation of modern automobile technology. The engine was placed at the front of the vehicle, and the clutch and transmission were lined up behind it. Power was supplied to the rear wheels via the drive shaft and differential. In fact, this was the world's first automobile design to employ a front-engine, rear-wheel-drive (FR) layout. The Panhard et Levassor initially came with tiller steering, but the vehicle on display is a later model equipped with a round steering wheel and a tilted steering column, along with an advanced steering system based on the Ackermann geometry.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles