展示:トヨタ ボンネットバス FB80型 / Toyota Bonnet Bus Moderl FB80

屋外
Outside
トヨタ ボンネットバス FB80型(1963年・日本)
Toyota Bonnet Bus Moderl FB80 (1963, Japan)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

8220mm

全幅 / Width

2425mm

全高 / Height

3000mm

車両質量 / Vehicle Mass

4740kg

ホイールベース / Wheelbase

4370mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列6気筒OHV

Water-cooled, in-line6, OHV

総排気量 / Total Displacement

3878cm3

最高出力 / Maximum Output

130/96/3600(PS/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

1950年代頃までは、運転席の前にエンジンがある、いわゆるボンネット型のバスが主流であったが、大量輸送時代とともに衰退し1970年代初めには徐々にリアエンジン車(キャブオ-バー型)に替わっていった。
しかしその後、東海自動車の「伊豆の踊り子号」の様に観光路線の目玉として活用されたのを皮切りに、各地で、古い車をレストアし営業運行にしているケースも散見される。

Up until the 1950s or so, buses typically took a cab-behind-engine configuration featuring a long nose. By the early 1970s, however, these "bonnet buses" were gradually taken over by rear-engined cab-over buses to meet the demand for larger carrying capacity. Still, the retro look of the bonnet buses remained appealing to many, and there are a few local bus services that operate restored bonnet buses today. For example, Tokai Jidosha has been successfully operating a sightseeing bus service with its Izu-no-Odoriko-go bonnet buses, which are named after the eponymous novella set in the Izu Peninsula.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles