展示:トヨタ i-REAL / Toyota i-REAL

クルマ館3階
Automobile Gallery 3rd fl.
トヨタ i-REAL(2007年・日本)
Toyota i-REAL (2007, Japan)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

低速:995mm
高速:1510mm

Low-speed:995mm
High-speed:1510mm

全幅 / Width

700mm

全高 / Height

低速:1430mm
高速:1040mm

Low-speed:1430mm
High-speed:1040mm

ホイールベース / Wheelbase

低速:485mm
高速:1040mm

Low-speed:485mm
High-speed:1040mm

備考 / Remarks

駆動方式:インホイールモーター後2輪)
バッテリー種類:リチウムイオンバッテリー

Drive system: In-wheel motors (rear)
Battery type: Lithium ion

車両解説 / Vehicle Description

2007年、東京モーターショーにて発表。
人々の移動に伴う環境への負荷とエネルギー消費の低減をコンセプトに開発。歩行者エリアではホイールベースを短くし、視線の高さを歩行者にあわせ、違和感の無い移動感覚を実現。車輌エリアではホイールベースを長くして重心を下げ安定感ある走行を可能としている。
ボディには接触センサーを内臓したやわらかい素材の採用や、光や音で自車の動きを伝える装置など安全対策が採られている。
2009年、中部国際空港(セントレア)にて、案内業務、警備業務用に使用され将来の実用化に向けての試験走行を行った。

Unveiled at the 2007 Tokyo Motor Show, the Toyota i-REAL was developed with the intention of reducing the environmental impact and energy consumption associated with personal mobility. When moving among pedestrians, the front and rear wheels come closer to raise the driver's eye level and make it easier to navigate, while on vehicular roads the front and rear wheels move apart, lowering the vehicle's center of gravity for greater driving stability. Its safety features include the use of a soft body material with embedded proximity sensors, and a system to alert others of the vehicle's presence through lights and sound. In 2009, the i-REAL was deployed on an experimental basis at the Chubu Centrair International Airport to assist the information and security services.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles