展示:ブガッティ タイプ57C / Bugatti Type 57C

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
ブガッティ タイプ57C(1938年・フランス)
Bugatti Type 57C (1938, France)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4882mm

全幅 / Width

1660mm

全高 / Height

1515mm

車両質量 / Vehicle Mass

1466kg

ホイールベース / Wheelbase

3300mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列8気筒DOHC

Water-cooled, in-line8, DOHC

総排気量 / Total Displacement

3257cm3

最高出力 / Maximum Output

160/119/5500(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

ブガッティといえばタイプ35などのレーシングカーが有名ですが、ロードモデルとしてはタイプ57がもっとも高名な存在。アルミ製ツインカムエンジンを搭載し、俊足に加え、実用性、優雅さ、上品さは他に類を見ない。  なかでもルーツ式スーパーチャージャーを備えた57Cは、特に人気の高いモデル.。タイプ57には様々なボディ・スタイルがあるが、この車はアタラントと呼ばれる極めてエレガントなクーペ。

While the most famous Bugattis are the Type 35 and other racing cars, perhaps its most celebrated road-going model was the Type 57. Fitted with an aluminum twin-cam engine, the Type 57 was not only fast and practical but also exceptionally elegant and graceful. In particular, the Type 57C, equipped with a Roots-type supercharger, proved hugely popular. The model in our collection is an elegant coupe with a distinctive body style known as Atalante.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles