展示:マツダ ファミリア BD型 / Mazda Familia Model BD

クルマ館3階
Automobile Gallery 3rd fl.
マツダ ファミリア BD型 (1984年・日本)
Mazda Familia Model BD (1984,Japan)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

3950mm

全幅 / Width

1630mm

全高 / Height

1370mm

車両質量 / Vehicle Mass

815kg

ホイールベース / Wheelbase

2365mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒OHC

Wate-cooled, in-line4, OHC

総排気量 / Total Displacement

1490cm3

最高出力 / Maximum Output

85/63/5500(PS/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

1980年、5代目として駆動方式をFRからFFに変更。第1回日本カーオブザイヤーの受賞車となった。当時サーフボードをルーフキャリア搭載した赤いファミリアに乗る「陸(おか)サーファー」なる流行語を生むなど社会現象となるほど大ヒットした。

The fifth-generation Mazda Familia switched from FR (front-engine, rear-drive) layout to FF (front-engine, front-drive) layout in 1980. This move proved so successful that the car won the inaugural Japan Car of the Year title. A red Familia carrying a surfboard on the roof rack became an icon of coolness, and many non-surfers also imitated this style, quickly making the term "land surfer" (i.e., pretend surfer) a buzzword.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles