展示:チシタリア 202クーペ / Cisitalia 202 Coupe

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
チシタリア 202クーペ (1947年・イタリア)
Cisitalia 202 Coupe (1947,Italy)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

3913mm

全幅 / Width

1553mm

全高 / Height

1260mm

車両質量 / Vehicle Mass

770kg

ホイールベース / Wheelbase

2387mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒OHV

Water-cooled, in-line4, OHV

総排気量 / Total Displacement

1089cm3

最高出力 / Maximum Output

55/41/5500(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

チシタリアはイタリアの大富豪ピエロ・ドゥジオが第2次世界大戦後に興したスポーツカーメーカー。フィアットのエンジンを使い数多くのレースで活躍した。この202クーペはピニンファリーナのデザインによりボディとフェンダーを一体化した美しいスタイルで1951年ニューヨーク近代美術館の、現代の造形を代表する優秀なデザイン8車に選ばれ”動く彫刻”として永久展示されている。写真の車は1948年イタリアの公道レース、ミッレミリアに 出場した実車。

Sports car manufacturer Cisitalia was established by Italian tycoon Piero Dusio soon after WWII. The company distinguished itself in numerous races with cars fitted with Fiat engines. The Cisitalia 202 Coupe designed by Pinin Farina featured a beautiful body with integrated fenders. It was added to the permanent collection of the Museum of Modern Art in New York in 1951 as one of eight cars - or "moving sculptures" - that represented the best of modern auto body design. The 202 Coupe shown in this photo is the actual car that participated in took part in Mille Miglia in 1948.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles