展示:サーブ 92型 / Saab 92

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
サーブ 92型 (1951年・スウェーデン)
Saab 92 (1951,Sweden)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

3950mm

全幅 / Width

1620mm

全高 / Height

1450mm

車両質量 / Vehicle Mass

880kg

ホイールベース / Wheelbase

2470mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列2気筒2サイクル

Water-cooled, in-line2, 2-cycle

総排気量 / Total Displacement

764cm3

最高出力 / Maximum Output

25/19/3800(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

航空機製造会社であったサーブ社は、第2次世界大戦後、自動車産業に参入、同社初の市販乗用車として、92型を販売。当時スウェーデンで人気のあったドイツ車DKWを参考にしたFF車で、同国の国民車を目指して開発された。2サイクルエンジンを横向きに搭載したモノコック・ボディは空力特性に優れ、フラットなフロアパネルの効果もあり、低出力ながら高い走行性能を示した。

Swedish aircraft manufacturer Saab entered into the auto industry after WWII, establishing Saab Automobile AB to market its first production model, the Saab 92. Inspired by the German-made DKW that was very popular in Sweden at the time, the front-engine, front-wheel-drive car was developed as a national car of Sweden. Transversely mounting a 2-cycle engine on a highly aerodynamic monocoque body with a flat floor panel, the Saab 92 delivered excellent driving performance despite its low output.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles