展示:人力車 / Rickshaw

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
人力車 (明治後期、日本)
Rickshaw (Late Meiji Era, Japan)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

2400mm

全幅 / Width

810mm

全高 / Height

1600mm

車両解説 / Vehicle Description

1869年(明治2年)に日本人が発明した人力車は、手軽で小回りがきき、駕籠より速く、馬よりも人間の労働コストの方が安かったことなどもあり、人々の足として人気を集め、たちまち全国に普及していきました。しかし、鉄道馬車や電車、円タクなどの普及により、大正末期には次第に衰退していきました。現在では主に観光地の遊覧目的に営業が行われています。

Invented in Japan in 1869, rickshaws quickly gained popularity throughout the country for their convenience and agility, and were exported to Southeast Asian countries as well.With the emergence of horse-drawn carriages on rails and then taxis, however, rickshaws gradually disappeared in the 1920s.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles