展示:プジョー 402 / Peugeot 402

クルマ館2階
Automobile Gallery 2nd fl.
プジョー 402 (1938,フランス)
Peugeot 402 (1938, France)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4850mm

全幅 / Width

1640mm

全高 / Height

1580mm

車両質量 / Vehicle Mass

1194kg

ホイールベース / Wheelbase

3150mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒OHV

Water-cooled, in-line 4, OHV

総排気量 / Total Displacement

1991cm3

最高出力 / Maximum Output

55/41/4000 (HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

戦前のフランスを代表する高級実用車。大量生産車に大胆な流線型を採用して成功した初のヨーロッパ車。湾曲した大きなフロントグリルの中にヘッドランプをしまい込んだデザインが特徴で、曲線を描くバンパーや、ボディーに沿う黄色のラインがエレガントさを醸し出しています。プジョーのシンボルであるライオンが、ラジエーター・グリルの上や、リヤ・タイヤカバーにもデザインされています。実用面ではサイドステップが無いため、ボディー幅を広げて室内を広くしたことが特徴です。402系のコンバーチブルやディタッチャブルトップモデルは、「コンクール・デレガンス(女性とファッションと車のエレガンスを見せるコンクール)」に出展されるほど優美でした。

A high-end practical vehicle symbolic of pre WWⅡ France, the Peugeot 402 was the first European car that successfully adopted streamlined styling.The recessed headlamps behind the curvaceous front grille give the car its distinct look. The gentry waved bumper and yellow lines that embrace the body's contours add to the car's elegance.Peugeot's signature lion motif adorns top of the grille as well as the rear fender skirts. The side steps were dispensed with in favor of a wider body and more spacious cabin.The convertible and detachable-top models in the 402 series were entered into concours d'elegance, events that flaunted the elegance of ladies, haute couture fashion, and automobiles.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles