展示:メッサーシュミット KR200 / Messerschmitt KR200

クルマ館3階
Automobile Gallery 3rd fl.
メッサーシュミット KR200(1955年・ドイツ)
Messerschmitt KR200(1955, Germany)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

2843mm

全幅 / Width

1325mm

全高 / Height

1285mm

車両質量 / Vehicle Mass

242kg

ホイールベース / Wheelbase

2096mm

エンジン形式 / Engine Type

空冷単気筒2サイクル

Air-cooled, single-cylinder, 2-cycle

総排気量 / Total Displacement

191cm3

最高出力 / Maximum Output

10.2/7.5/5250(PS/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

ドイツの軍用機メーカーのメッサーシュミット社が生産したマイクロカー。 飛行機のコックピットのような軽量ボディに小型2サイクルエンジンを載せ、前後二人乗り(タンデムシート)である。バックギアを省略し、エンジンを逆回転させてバックした。第二次世界大戦後の一時期、ヨーロッパの数ヶ国でこのような超小型車が復興期の庶民の足として活躍した。このクルマやBMWイセッタなど、1950年代から60年代のマイクロカーは「バブル カー」とも呼ばれる。

This vehicle is a microcar produced by the German military aircraft manufacturer Messerschmitt. The lightweight vehicle body that resembles an airplane cockpit is equipped with a small two-stroke engine and features tandem seating (one passenger behind the driver). The vehicle has no gear to drive in reverse; instead the engine is stopped and then restarted, going backwards. During the period of reconstruction following W.W.II, extremely small microcars such as this were manufactured in several European countries and served as a major means of transportation for people. The microcars manufactured in the 1950s and 1960s, including the KR200 and BMW Isetta, are also referred to as bubble cars.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles