展示:フォード マスタング / Ford Mustang

クルマ館3階
Automobile Gallery 3rd fl.
フォード マスタング(1964年・アメリカ)
Ford Mustang(1964,U.S.A.)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4610mm

全幅 / Width

1732mm

全高 / Height

1375mm

車両質量 / Vehicle Mass

1288kg

ホイールベース / Wheelbase

2743mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷V型8気筒OHV

Water-cooled, V8, OHV

総排気量 / Total Displacement

4736cm3

最高出力 / Maximum Output

210/157/4800(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

若者向けの小型スポーティカーとして1964年に登場。スポーティなスタイリングと性能、巧みなマーケティング戦略により、T型フォード以来といわれる大ヒットとなった。特定のグレードは設定せず、オプションパーツの選択で、オーナー自身が好みの仕様に仕上げる事のできる「オーダー・エントリー・システム」が特徴。マスタングの大ヒットを受けて、GMからもカマロやファイアーバードなどが相次いで登場し、このジャンルの車は「ポニーカー」と呼ばれた。「ポニーカー」とは、子供に本格的な乗馬を教える前に与えられる小型の馬(ポニー)にちなんでいる。

The Mustang was first introduced in 1964 as a small-sized and sporty vehicle aimed at the younger generation. Its sporty styling and performance, along with a smart marketing campaign, helped make the Mustang one of the most successful vehicles from Ford since the Model T.A special feature of the Mustang was its “order entry system”, which did not set a specific vehicle grade and allowed the owners themselves to select optional parts and to determine their own desired vehicle specifications. The success of the Mustang gave rise to competitors, such as the Chevrolet Camaro and Pontiac Firebird from General Motors, and created the “pony car” class of affordable sporty coupes. This name alludes to the idea of giving a child a smaller horse (a pony) to learn to ride on before they are taught to ride a full-size adult horse.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles