展示:モーリス ミニ マイナー / Morris Mini-Minor

クルマ館3階
Automobile Gallery 3rd fl.
モーリス ミニ マイナー(1959年・イギリス)
Morris Mini-Minor(1959, U.K.)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

3050mm

全幅 / Width

1410mm

全高 / Height

1350mm

車両質量 / Vehicle Mass

600kg

ホイールベース / Wheelbase

2030mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒OHV

Water-cooled, in-line4, OHV

総排気量 / Total Displacement

848cm3

最高出力 / Maximum Output

34/25/5500(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

BMCの技術者、アレック・イシゴニスによって“Smaller outside, Bigger inside”と言う基本コンセプトのもと、設計された。横置きエンジン、前輪駆動、2ボックススタイル、ラバーコーンサスペンションなどは当時としては画期的な成り立ちで登場した。これらは現在の小型車では定番となっている。発売以降長い間世界中の人々に愛され、特にジョン・クーパー との共同開発による「ミニクーパー」は優れたハンドリングなどによりモンテカルロラリーで総合優勝するなど大活躍をした。

This vehicle was designed for the British Motor Corporation (BMC) by their engineer Alec Issigonis based on the fundamental concept of “smaller outside, bigger inside”. Transverse engine, front-wheel drive, two-box styling, and rubber cone suspension of this vehicle were first introduced and considered revolutionary at that time, but now these are staple technologies for compact cars. This vehicle has been well loved by people all around the world for many years since its initial launch. In addition, the “Mini Cooper” model that was jointly developed with the help of John Cooper was a huge success and its excellent handling led to first-place finishes in the Monte Carlo Rally in 1964.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles