展示:フォルクスワーゲン タイプ1 / Volkswagen Type1

本館3階
Main Bldg. 3rd fl.
フォルクスワーゲン タイプ1(1951年・ドイツ)
Volkswagen Type1 (1951, Germany)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4032mm

全幅 / Width

1532mm

全高 / Height

1499mm

車両質量 / Vehicle Mass

675kg

ホイールベース / Wheelbase

2404mm

エンジン形式 / Engine Type

空冷水平対向4気筒OHV

Air-cooled, horizontal opposed 4, OHV

総排気量 / Total Displacement

1131cm3

最高出力 / Maximum Output

25/18/3300(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

ヒトラーの国民車構想の命に応じて、フェルディナント・ポルシェが設計し、1938年にプロトタイプが完成したこの車は、戦後、生産を再開するとドイツ復興の原動力となった。1949年にアメリカへ初輸出されると、優れた商品性と安価な価格、そして整ったサービスおよび部品供給体制に支えられ、“ビートル(かぶと虫)”の愛称で、特にホワイトカラー層を中心に人気を博し、アメリカ輸入車のベスト・セラーとなった。 

This vehicle was designed in 1938 by Ferdinand Porsche at the request of Adolf Hitler, who wanted “people’s car”. Production of this vehicle resumed after World War II and it became the driving force behind German reconstruction.It was first exported to the U.S. in 1949 where it quickly earned itself the nickname “Beetle” and became especially popular with white-collar workers thanks to its excellent marketability, low price, and the fact that it was backed by a well-equipped service and parts supply system. The Type 1 “Beetle” became one of the best-selling imported cars in the United States.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles