展示:ジャガー Eタイプ ロードスター / Jaguar E-Type Roadster

クルマ館3階
Automobile Gallery 3rd fl.
ジャガー Eタイプ ロードスター(1965年・イギリス)
Jaguar E-Type Roadster(1965, U.K.)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4458mm

全幅 / Width

1667mm

全高 / Height

1220mm

車両質量 / Vehicle Mass

1248kg

ホイールベース / Wheelbase

2438mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列6気筒DOHC

Water-cooled, in-line6, DOHC

総排気量 / Total Displacement

4235cm3

最高出力 / Maximum Output

265/198/5400(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

1961年ジュネーブショーで華々しいデビューを飾ったEタイプはジャガーXKシリーズの後継としてジャガーのスポーツラインナップを担う車として開発され、美しいスタイル、高性能、割安な価格でアメリカを中心にヒットした。15年間で7万台以上が生産された。スタイルの特徴であるロングノーズ、ショートデッキは後のスポーツカーに大きな影響を与えた。ボディタイプはオープン2シーターのロードスターとクーペの2種類がある。

The Jaguar E-Type Roadster was developed to be the vehicle that would carry on the legacy of the Jaguar sports car line-up and be the successor to the Jaguar XK series when it made its spectacular debut at the 1961 Geneva Motor Show. Its combination of beauty, high performance, and competitive pricing made it a hit, especially in the United States.Over 70,000 E-Type vehicles were manufactured over the 15 years. Its signature styling, with a long nose and short rear deck, became a major influence on many other sports cars that followed it. The E-Type had two main body types: an open, two-seat roadster and a coupe.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles