展示:アルファロメオ GT1300ジュニア / Alfa Romeo GT1300 Junior

クルマ館3階
Automobile Gallery 3rd fl.
アルファロメオ GT1300ジュニア(1968年・イタリア)
Alfa Romeo GT1300 Junior (1968,Italy)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4076mm

全幅 / Width

1587mm

全高 / Height

1320mm

車両質量 / Vehicle Mass

930kg

ホイールベース / Wheelbase

2350mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒DOHC

Water-cooled,in-line4,DOHC

総排気量 / Total Displacement

1290cm3

最高出力 / Maximum Output

90/66/6000(PS/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

アルファロメオの代表的なスポーツモデルである、ジュリアスプリントGTの普及版として、1966年に登場。ジョルジェット・ジウジアーロがデザインした清楚でエレガントなボディに1.3リッターのツインカムエンジンと5速ミッションを搭載して大ヒットを収め、1977年まで生産された。この初期型はフロントパネルとエンジンフードの間の段差から“段付き”の愛称で親しまれた。

This vehicle first appeared in 1966 as the more affordable and popular edition of the iconic Alfa Romeo sports model, the Giulia Sprint GT. The clean and elegant body was designed by Giorgetto Giugiaro and it came equipped with a 1.3-litre twin-cam engine and five-speed manual transmission. This vehicle was a resounding hit with the public and was manufactured until 1977. The original model was nicknamed the “step front” because of the step between the front panel and the engine hood of the car.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles