展示:フォルクスワーゲン ゴルフ / Volkswagen Golf

クルマ館3階
Automobile Gallery 3rd fl.
フォルクスワーゲン ゴルフ(1979年・ドイツ)
Volkswagen Golf (1979, Germany)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

3815mm

全幅 / Width

1610mm

全高 / Height

1410mm

車両質量 / Vehicle Mass

805kg

ホイールベース / Wheelbase

2400mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒OHC

Water-cooled,in-line4,OHC

総排気量 / Total Displacement

1471cm3

最高出力 / Maximum Output

70/51/5800(PS/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

空冷エンジン・RR(リアエンジン、リアドライブ)方式であったタイプ1(ビートル)の後継車として、水冷エンジン・FF(フロントエンジン・フロントドライブ)方式を採用して1974年に登場した、新時代のフォルクスワーゲンの基幹車種。ジョルジェット・ジウジアーロがデザインした直線を基調としたボディスタイルと優れたレイアウトが高く評価され、当時販売不振に陥っていたフォルクスワーゲン社の救世主となったモデル。ゴルフの世界的な大ヒットにより、その後の小型車はFF・ハッチバックが基本スタイルとなった。

The original Golf first appeared in 1974 and was a front-wheel drive, water-cooled front-engine (FF) replacement for the air-cooled, rear-engine, rear-wheel drive (RR) Volkswagen Beetle. Now the Golf has become one of the core models of a new age of Volkswagen vehicles. The Golf was designed by Giorgetto Giugiaro and the vehicle was highly praised for its body style that emphasized straight lines and also for its excellent layout of basic features. In fact, this model helped to save Volkswagen at a time when the company was struggling with poor sales. The Golf proved to be a huge hit around the world and it established the basic style for all of the other small-size, FF hatchback vehicles that followed it.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles