展示:トヨタ エスティマ / Toyota Estima

クルマ館3階
Automobile Gallery 3rd fl.
トヨタ エスティマ(1993年・日本)
Toyota Estima(1993,Japan)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4750mm

全幅 / Width

1800mm

全高 / Height

1780mm

車両質量 / Vehicle Mass

1770kg

ホイールベース / Wheelbase

2860mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒DOHC

Water-cooled,in-line4,DOHC

総排気量 / Total Displacement

2438cm3

最高出力 / Maximum Output

135/99/5000(PS/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

1990年、日本国内では「天才タマゴ」のキャッチコピーで「エスティマ」として、北米や他輸出モデルは「プレビア」として登場した。卵のような丸みを帯びた未来的なスタイルは他のミニバンやワンボックスカーとは一線を画した。ミッドシップレイアウトとしたことで走行安定性を向上させ、エンジンを75°傾けて床面を平坦にした、世界でも例を見ないミニバンであった。その後、1992年に日本市場に向けエンジン排気量と車幅を5ナンバー枠に収めた「エミーナ」、「ルシーダ」が作られた。

The “Estima” minivan from Toyota was first launched in 1990 in Japan using the catch phrase “the genius egg” and it was then sold in North America and other export destinations under the name “Previa”. The vehicle’s futuristic styling and rounded egg-like body shape clearly differentiated it from other minivans and one-box vans. It featured a unique mid-engine platform in which the engine was installed at a 75-degree angle so that the vehicle had a flat floor and improved driving stability to a level that was unparalleled by any other minivans in the world at that time. In 1992, two smaller versions of the Estima, “Lucida” and “Emina”, were also produced for the Japanese market.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles