展示:いすゞ ヒルマンミンクス PH300型 / Isuzu Hillman Minx Model PH300I

クルマ館3階
Automobile Gallery 3rd fl.
いすゞ ヒルマンミンクス PH300型(1960年・日本)
Isuzu Hillman Minx Model PH300I(1960,Japan)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4140mm

全幅 / Width

1555mm

全高 / Height

1510mm

車両質量 / Vehicle Mass

1065kg

ホイールベース / Wheelbase

2438mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒 OHV

Water-cooled, in-line 4 OHV

総排気量 / Total Displacement

1494cm3

最高出力 / Maximum Output

62/46/4600(PS/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

昭和28年10月、いすゞは英国ルーツ社と技術提供を結び、ヒルマンミンクスの生産を開始。昭和39年6月まで約11年間、合計67,729台が生産された。いすゞ製ヒルマンは本国ではファミリーカーであったのに対して、スポーティな高性能車として人気があったという。特に加速性のよさ、操縦性のよさなどに評価が高かったという。映画「喜劇 駅前団地」(1961年)では「リアスタイル」だけ見せて、病院とともにクルマも新しくなったことを見せている。心憎い演出。

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles