目指したのは「緊張ではない、解放するスポーツ」。高度な運転テクニックが 必要とされる、乗り手を選ぶスポーツカーが多い中、誰もが運転しやすく高性能 な「人間中心」のスポーツカーとしてNSXは誕生した。「走る」「曲がる」「止まる」 性能を極めるために、F1マシンと同様、駆動方式はミッドエンジン・リアドラ イブ。ボディはオールアルミを量産車として世界で初めて実現。スチール ボディと比べて約140kg減という驚異的な軽量化を達成した。より快適で 安全で、そしてドライバーの意志に素直に応答するクルマ。「人」との深い接 点を持つNSXの開発思想は、その後のスポーツカーづくりに影響を与えるこ ととなった。