世界中にガソリン自動車を普及させたのはT型 フォードの功績。多くの人々がクルマの利便性を 享受できるよう安価で必要最低限な性能を備え、 1908年から19年間で1500万台以上が生産され た。自動車は人々の生活や社会をも変えた。外板色 は当初4色から合理化で1914年から黒一色に なった。