• かんばん方式とは何ですか?

トヨタ自動車ではなるべく効率良く生産するために、「トヨタ生産方式」をとっています。これは、よいクルマをより安く、はやくお客様にお届けするために、あらゆるムダをてっ底的になくすことをめざしている方法です。

その1つに「必要なものを必要な時に必要なだけつくって運ぶ」という仕組みがあり、それを実行する道具として「かんばん」というものを使っています。この「かんばん」にはいつ、どこで、何が、どれだけ使われたかが書いてあるカードです。部品箱1つ1つに「かんばん」がついていて、部品を1つ使うと「かんばん」をはずします。組み立て工場では定期的にこのはずされた「かんばん」を回収して部品工場へ届けます。部品工場の人は、「かんばん」に書かれた数の部品をつくります。こうすることにより、部品工場はつくり過ぎのムダがなくなり、組み立て工場は使わない部品を置くスペースのムダがなくなるんですよ。

現在は、電子化(でんしか)された「かんばん」データを、協力会社へ送る方法を行っています。電子データをすぐにやりとりできるので、とても便利になりました。