初代カローラは「マイカー元年」と言われた昭和41年11月、日本国内の大衆車市場に向けて鮮烈にデビューしました。
以来47年、『常に時代を先回りして考える』というカローラの哲学の基に「進化」し続けています。

現在カローラは、150以上の国・地域で販売され、生産累計台数4000万台にも及ぶ世界中で親しまれる車となりました。「世界のカローラ」が生まれた舞台裏には、トヨタ自動車の革新的な思想と技術力、そして経営決断がありました。

今も脈々とトヨタ自動車に流れ、受け継がれ、「進化」している「カローラDNA」。
発売当初から成功すべく計算されたコンセプトを振り返ります。

カローラの哲学

1966年の初代モデル登場以降、日本のモータリゼーションの進展に大きな役割を果たしたカローラの開発思想をご紹介します。

歴代モデル

歴代カローラについて、開発当時の時代背景やコンセプト、採用された技術などを詳しくご紹介します。

ダウンロード

カローラの歴代各モデルをデスクトップ上で楽しめる、PC用の壁紙をご用意しました。ぜひご利用ください。