日本

トヨタ

60007272

3代目

Toyopet Truck Model RK

トヨペット トラック RK型トラック

発売日 1953年10月--

ボデ―タイプ

トラック/ピックアップ

TRUCK/PU

該当車画像1
  • 該当車画像2
  • 該当車画像3
  • スペックはこちら
  • 解説はこちら
  • 生産・販売情報はこちら
  • 車両の由来はこちら
グレード RK
車両型式
重量
車両型式 RK
重量(kg) 1220
寸法 全長(mm) 4265
全幅(mm) 1675
全高(mm) 1735
ホイールベース(mm) 2500
エンジン エンジン型式 S
エンジン種類 水冷直列4気筒側弁式
排気量(cm3) 1453
最高出力kW/(PS)/r.pm -/48/4000
代表するグレードのスペックを表示しております。
エンジン最高出力はネット値です。
このクルマの型式は、 RK です。
「SG型」のマイナーチェンジで「SK型(1t積み)」は1953年8月から生産した。10月には、1.5リッターのR型エンジンを搭載した1.25t積みの「RK型」を追加。R型エンジンは、小型車の枠が1.5リッターまで拡大されたのにあわせて開発したもので、水冷直列4気筒OHV、1453cc 48馬力。1955年に初代「クラウン」にも搭載することになる。1t積みの「SK型」は1954年9月に生産を終了し、「RK型」は1955年3月にマイナーチェンジして、1.5t積みとなる。このときフロントグリルを一開口の一般的なデザインに変更した。

この代から「トヨペット トラック(後のスタウト)」の車両型式が、「*K型」として更新されていくことになった。
生産工場 挙母工場(現 本社工場)
販売会社 トヨタ店
車両型式を車両名としている
カタログはこちら