日本

トヨタ

60009017

1代目

Toyota Sports 800

トヨタ スポーツ800

発売日 1965年 4月 1日

ボデ―タイプ

クーペ

CP

該当車画像1
  • 該当車画像2
  • 該当車画像3
  • スペックはこちら
  • 解説はこちら
  • 生産・販売情報はこちら
  • 車両の由来はこちら
グレード トヨタ スポーツ 800
車両型式
重量
車両型式 UP15
重量(kg) 580
寸法 全長(mm) 3580
全幅(mm) 1465
全高(mm) 1175
ホイールベース(mm) 2000
エンジン エンジン型式 U
エンジン種類 空冷2気筒水平対向式ツイン・キャブ
排気量(cm3) 790
最高出力kW/(PS)/r.pm -/45/5400
代表するグレードのスペックを表示しております。
エンジン最高出力はネット値です。
このクルマの型式は、 UP15(800) です。
1962年の東京モーターショーで発表した「パブリカスポーツ」を市販化した二人乗りの小型軽量スポーツカーで、1965年4月に発売した。

市販化にあたっては、スライディングキャノピーを、通常のドアと着脱式ルーフに変えて採用した。「パブリカ」のものをベースにしたプラットフォームに、空気力学的にすぐれたボデーを載せて、非常に軽量に仕上げたことから、155km/hという最高速度を得たばかりか、燃費にも優れた。

本格的なスポーツカーの走りと、着脱式ルーフによるオープン走行を手軽に味わえるクルマとして若者を中心に支持された。レースでも大活躍し、特に長距離レースで信頼性と好燃費を武器に真価を発揮して、1967年の富士24時間レースでは2台の「トヨタ 2000GT」に続いて3位に入賞した。
生産工場 関東自動車工業(株)
販売会社 トヨタカローラ店
800ccエンジンを搭載したスポーツクーペの意
カタログはこちら ニュースリリースはこちら