• クルマ
  • クルマの提供等を通じて被災地を応援しています。

釜石市とオンデマンドバスの実証を開始いたします。

トヨタ自動車㈱(以下、トヨタ)は、8月9日に釜石市と締結した共同実証実験協定に基づき、同市とともにオンデマンドバスの共同運行実証を、10月10日より開始いたします。 実証対象地域は、岩手県釜石市北部の仮設住宅地域と同市市街部を結ぶ区間とし、期間は2015年3月までを予定しています。
トヨタは、この共同運行実証のために新たに開発した「オンデマンド交通システム」を提供いたします。 このシステムは、利用者の事前予約による乗降地点や時刻の希望に応じて、走行経路や時刻を算出するもので、過去の利用状況や交通事情も考慮して、 多くの人が利用できるように運行計画を最適化しています。さらに、復興に伴って変化する街のかたちや生活動線にも追従できる柔軟な運行モデルとしています。
 トヨタは、この実証実験を通して、震災復興を支援するだけでなく、過疎地などにおける持続可能な交通システムの可能性を検証してくことを目的としています。

本システムの開発は、豊田中央研究所、豊田通商、KDDI、SGシステム、ドリームインキュベータの協力のもとで行われました。

このレポートの続きを読む

関連記事一覧

その他のカテゴリ

  • 上に戻る
  • トップページに戻る