第7話

images

信長と秀吉、そこに政宗が加わってドライブは続きます。政宗たっての頼みで一行が向かった先は、震災で大きな被害をうけたアルミの加工工場でした。「あの時ここを始め、東北の工場が止まったために、海外の車社会まで影響を受けたんです」正宗は静かに語り始めます。「アルミで、均一で耐久性のある部品を作るには地味なようで結構難しい作業なんです」工場の中を案内しながら、政宗は熱心に続けます。被災しながらも、着実に復興をとげている工場の人々の努力が、同じ東北人として嬉しかったのかもしれません。工場を後にした三人は、それぞれが東北の復興に想いを巡らせているせいか、口数も少なめ。静かに車に揺られておりました。そんなムードが政宗のひと言で破られます。「あのぉ、トイレ行きたくなっちゃったんですけど」。政宗は、まだまだ幼いのでありました。