環境トピックス

「トヨタ環境活動助成プログラム」 2018年度助成決定証授与式を開催

トヨタ自動車は、12月6日(木)トヨタ紀尾井倶楽部にて「トヨタ環境活動助成プログラム」の2018年度助成決定証授与式を開催しました。

選考委員の鈴木基之 東京大学名誉教授より、今年度の助成対象に選ばれた26団体の代表に助成決定証が授与されました。
また、各代表からは採択されたプロジェクトの内容紹介とともに、活動への熱い思いが語られました。

助成が決まった団体へ証書授与

助成団体による活動内容紹介

選考委員 鈴木基之氏(東京大学名誉教授)ご講評

トヨタ環境活動助成プログラム
2018年度助成決定授与式出席団体(敬称略)

一般社団法人 あきた地球環境会議、一般社団法人 コンサベーション・インターナショナル・ジャパン、公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン、特定非営利活動法人 熱帯森林保護団体、一般社団法人 バードライフ・インターナショナル東京、特定非営利活動法人 HANDS、特定非営利活動法人 ヘルピングハンズアンドハーツジャパン、ラムサールセンター、レインフォレスト・アライアンス、芦田川環境マネジメントセンター、一般社団法人 E.Cオーシャンズ、公益財団法人 オイスカ、特定非営利活動法人 喜界島サンゴ礁科学研究所、特定非営利活動法人 共存の森ネットワーク、特定非営利活動法人 自然とオオムラサキに親しむ会、一般財団法人 地球・人間環境フォーラム、ニホンヤマネ保護研究グループ、ビーフォレスト・クラブ、特定非営利活動法人 森のライフスタイル研究所、岩手山麓自然学校、信州生物多様性ネット きずな、特定非営利活動法人 樹木研究会こうべ、特定非営利活動法人 瀬戸内オリーブ基金、多摩川とびはぜ倶楽部、奈良・人と自然の会、特定非営利活動法人 一二三富の会

「トヨタ環境活動助成プログラム」とは

トヨタは1999年に国連環境計画(UNEP)から「グローバル500賞」を受賞。
この受賞を契機に、環境課題に取り組む次世代の人材育成と、環境課題解決の一助にしようと、2000年度より実施。実践的なプロジェクトを推進するNPOなどの民間非営利団体(学校は対象外)・グループを助成するプログラム。
プログラム開始以来19年間で、世界54ヵの国と地域で、累計387件を支援。

  • グローバル500賞:国連環境計画(UNEP)が 「持続可能な発展」のための環境保護および改善に功績のあった個人および団体に与える賞。

(掲載日:2018年12月14日)