トヨタ ドライバーコミュニケーション

これまでの歩み

1987-1996

トヨタ ヤングドライバーズクリニック
トヨタ
ヤングドライバーズクリニック
「トヨタ ドライバーコミュニケーション」は、1987年に若年ドライバーの交通事故低減を目的に、29歳以下の一般ドライバーを対象とする安全運転講習会「トヨタ ヤングドライバーズクリニック」として各地の駐車場等を会場にスタートしました。

1997-1998

トヨタ ドライバーズクリニック
トヨタ
ドライバーズクリニック
その後、1997年に高齢ドライバーの事故増加傾向などから、対象を全年齢に拡大しました。

1999-2004

トヨタ ドライバーコミュニケーション
トヨタ
ドライバーコミュニケーション
1999年には、講習内容強化のため富士スピードウェイをメイン会場とし、現在の名称である「トヨタ ドライバーコミュニケーション」に改めるとともに、東京・臨海副都心のMEGA WEBでの簡易プログラムの開催も開始しました。

2005-

トヨタ ドライバーコミュニケーション
トヨタ
ドライバーコミュニケーション
現在は、富士スピードウェイ内のトヨタ交通安全センター モビリタ、MEGA WEB、トヨタ系列の自動車学校であるトヨタドライビングスクール東京、中部日本自動車学校にて、年間を通じ講習会を開催しています。