CSRナビ

子ども向け交通安全意識向上活動(トルコ)

トヨタ・モーター・マニュファクチュアリング・ターキー(TMMT)

絵画コンテストや交通安全教室の開催を通じ、子供の交通安全意識向上に貢献しています。

交通事故はトルコにおいても大きな社会問題のひとつであり、これにより多くの子どもが死傷しています。

トヨタモーターマニュファクチャリングターキー(TMMT)は、早期教育によって子どもの交通安全に対する意識を高めるため、拠点を置くサカリヤ県の「全国交通安全週間」行事に2005年から参加しています。

この行事の一環として、TMMTは児童を対象に交通安全をテーマとした絵画コンテストを開催し、子どもの交通安全意識向上と想像力育成に貢献しています。 またコンテストには、TMMTの従業員も運営ボランティアとして積極的に参加しています。

加えて2010年からは、小学2年生を対象とした交通安全教室を開始し、アニメで交通ルールを学んだり、シートベルトの使い方や夜間の視認性を実際に体験するプログラムを実施しています。 これまで6,500人以上の子どもたちが、これらの活動に参加しました。

交通安全意識向上活動の様子絵画コンテストの表彰式

交通安全意識向上活動の様子ゲームを通じて道路標識を学ぶ子どもたち